セキュアで効率的なネットワーク監視実現へのヒント

日頃ネットワークを運用管理していて、以下のような課題を感じたことはございませんか?

  • 複数ツールでセキュリティを監視したいが、トラフィックは1か所からしか取得できない
  • 監視ポイントの数に対して、ツールの物理ポートが足りない
  • 音声トラフィックだけを数日間保存したいが、他のトラフィックも大量に受信してしまう
  • 保存したパケットに含まれる個人情報が漏洩するリスクが心配
  • 仮想環境間の処理が可視化できていない
  • インラインツールで障害やメンテナンスが生じた場合ネットワークを停止しなければならない

Ixiaのネットワーク可視化ソリューションは、これらの課題を解決いたします。

本セミナーでは、Ixiaのネットワーク可視化テクノロジーを熟知しているシニアシステムエンジニアが、なぜネットワーク可視化ソリューションが監視に有効なのか、ユースケースやデモを交えて分かりやすく説明いたします。セミナー後はQ&Aも実施いたします。

日時:
2019年10月25日(金)

時間:午後2時~午後3時30分(午後1時半より受付開始)

内容

ネットワークTAP
  • なぜSPANポートによる監視では不十分なのか?
  • TAPでネットワークのブラインドスポットを排除できる理由とは
ネットワークパケットブローカー:監視トラフィックの集約・分散・フィルタリング・加工
  • ツールの物理ポート不足を解消
  • SPANポート不足を解消
  • 不要なトラフィックのフィルタリング
  • ペイロード内の個人情報を守るには
  • 仮想化環境でのEast - Westトラフィックをキャプチャするには
  • パケットブローカーを選定する際の外せないポイントとは?
バイパススイッチ:ネットワークの可用性を高める
  • 多層防御によるインライン構成の可用性を高める
Q&A  


※内容は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

受講料:無料

場所キーサイト・テクノロジー株式会社 西新宿オフィス
東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル11F

東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅下車 徒歩6分
※新宿三井ビルとは異なりますので、ご注意ください。

定員:15名
※お申込み多数の場合、抽選とさせていただく場合がございます。

対象:

  • 企業、官公庁、自治体、教育機関等において、ネットワークインフラの企画・管理・運営をご担当の方
  • ネットワーク監視ツールやセキュリティツールを企業や官公庁に提案・販売する立場の方

ご注意:競合企業や個人事業主様はお断りすることがございます。